会社を設立するならこれ!起業する時のコツ!

会社を設立するにあたって必要不可欠なことと言えば、どんなことが思いつくでしょうか。情報収集は必ずやっておくべきことであり、情報収集なしで会社を設立することは難しいでしょう。プラスになるような情報を集めて、それに対して分析や検証を行うことは重要です。検証したデータを蓄積していくことで、より良い情報を得ることができるのです。

情報の集め方や活用の仕方は専門の知識が必要となりますから、知識を得るためには努力も不可欠です。情報収集は事前に行っておかなければ意味がありません。事前に得ておきたい情報は山ほどあります。起業する上での業種の将来性はあるか?現時点での市場の活気はどうか?など知って得する情報を一つでも多く得る持っているに越したことはないでしょう。

経営理論やフランチャイズについての情報や知識もまた知っているほどメリットとなります。設立資金の調達や運用方法などは、起業してから考えるべきことではなく、下調べをした上で計画的に行うべきです。会社設立を本気で考えている人は、設立に向けた準備の段階で、良質な情報を蓄えておくことが大切です。情報収集の方法や仕方にはちょっとしたコツがあります。コツを習得しておくこともまた会社設立に当たっては欠かせません。初めから深い情報を得るのではなく、浅く広くより多くの情報を収集しましょう。古い情報はいつまでも持っている必要はありません。古い情報より新しい情報を収集する方が良いのです。時代にマッチしたものであることが、起業を成功させる秘訣だとも言えるからです。世の中のあらゆる物事は、常に変化していることを念頭に入れておきましょう。

情報を収集する上ではインターネットの検索機能を十分に活用できます。ネット検索を最大限に活用するというのも、会社を設立する際の鍵です。専門書や雑誌からも情報を得ることができます。どの情報も新しい情報であることが大切です。多くの情報を集めることが出来ましたら、第二ステップとして分析と検証を行います。ネットで収集した情報が信頼できない情報であるなら、その情報を捨てます。別のルートで得た情報と共通する部分が多い情報は、信憑性の高い情報として利用できます。いろいろなサイトから得た情報の共通する部分を集めていくと信頼できる情報かどうかの判断ができるでしょう。

立ち上げようとしている職種で目標となる人や企業、特に専門家からのレクチャーが受けられれば、深い情報が聞きだせるかもしれません。できる限り多くに人から情報を得ること、話を聞いたりすることもメリットとなります。人生においての成功は、人との繋がりにあるといっても過言ではありません。人脈は財産であり、宝であると言えます。友人や同僚、先輩、後輩、上司や部下などあらゆる交友関係を洗い出して、力になってくれる人を考えてみるのです。洗いざらい自分が知っている限りの人を思い起こしてみましょう。ひょんなことから人脈が広がり、会社設立の大きな力となることもあります。



調べた人脈はグループごとに分けてみましょう。表計算ソフト等を使えば、リスト化しておくとさらに便利です。どんな会社を設立するかによって、どんな人脈が必要なのかが変ってきますが、リストを作ることによって、最も適切な人材を選びやすくなるはずです。目標としている業界の人脈、仕入先や取引先に適切な人脈、保証人や出資などの援助系の人脈、中でも専門分野の人脈があれば、困った時や必要な時にいろいろお願いすることもできます。起業のコツ、運営のノウハウなどのアドバイザー的な人脈も、あるに越したことはないでしょう。人脈は会社を設立する上では非常に重要な要素として考えるべきなのです。


会社設立@名古屋 責任者

衣川匡之