名古屋で会社設立するときに~営業エリアの重要性①~

名古屋で会社を設立しようと思っているときには、計画を立てることが大事になりますがそれ以外にも重要なことがあります。それは会社設立をする地域に関する情報を収集して、分析を行ってから商売の形態を考えていくということです。

会社を設立する地域を営業エリアに定めると同時に、業種を決めていくことが求められます。このとき大事なことは、地域の特性を見極めてそれに対応できるようにする点です。会社を立ち上げたら利益を出し続けなければいけないので、地域について調べておくことは大事となります。例えば、スーパーマーケットの会社を立ち上げるときには店舗が必要ですがこのとき地域の事情に合わせます。すなわち、その地域に住む人々のライフスタイルを確認して利用しやすいようにするというものです。

例えば営業エリアにおいて高齢者の割合が多いときには、店舗作りに関しても工夫を施すことが不可欠です。具体的には、高齢者が好むような商品を仕入れると同時に食品に関しても小さなパックで販売するといったことをします。さらに、店から遠い場所に住んでいる高齢者の方については移動販売を行って対応していきます。このようにすることで、高齢者のニーズに応じた商売ができるようになって利益を確保できます。利益の確保は会社の存続において大切な項目になるので、地域に応じることが大事になってきます。

これは名古屋において会社設立をする場合においても該当し、営業エリアにおける地域の事情を把握して対応することが重要です。例えば、会社を作ってインターネットカフェを経営するケースで見ていきましょう。名古屋で自動車が多いエリアを選択する場合には、その地域事情を鑑みた対応を採用する必要があります。例えば、大通り沿いの道路に店舗を作る際には駐車場を設置しておきます。つまり、自動車でインターネットカフェに来店することができるようにするということです。自動車の利用が多いという地域事情を考慮して、店舗に駐車場を完備しておきます。この対策を施して、利用者を集めていき商売を行って利益の確保をします。なお、駐車場を用意するためには広い土地を確保する必要がありさらにそれだけ資金が要ります。そのため、できるだけ土地の購入に必要なお金をカットするために以下のような方法があります。それが、土地が安いところでなおかつ大通りが整備されている場所を対象に選ぶというものです。

土地の値段が安い場所を選択することにより、それだけ資金をカットできます。会社を設立する場合にはお金が必要であり、初期費用を減らしたいときにはこの方法を検討できます。また、お金を借りて初期費用として利用する場合でもこの方法を使うことで会社設立後の返済の負担を軽減させていきます。返済に必要な金額を少なくしていくことにより、リスクを減少させるという側面も持ち合わせています。

会社を設立して商売をしたいときには、地域における事情を掴んでおくことが求められます。もちろん、需要を見込むことも大事ですがそれは商売をする上で必要な項目の一つに過ぎません。地域の事情というものはそこで暮らす人々に影響を与える要素であり、それに従って地域社会が形成されています。先程の自動車が多い地域の例では、車の利用が前提となっていてそれを軸にした社会が築かれています。ゆえに、その地域社会における地理的な環境を把握して対策を練ることがポイントです。そのことから、事業について考えたり会社の設立に関する情報を集めることに並行して地域を知る必要があります。会社を作って商売が続けられるようにするためにも、地域事情に合わせることが必須となってきます。


 



会社設立@名古屋 責任者

衣川匡之