会社設立のメリットは何?個人事業との違いは?

会社設立するメリット

1、取引できる企業の幅が広がる

企業によっては会社相手でないと取引ができないところがあります。大企業などは特にその傾向が強く、一部の業種を除き通常の商取引は会社に限定していることがあります。また、取引金額が大きい場合にのみ会社組織相手でないと取引しないというような場合もあります。

2、社会的に高い信用を得られる

個人事業主として開業するよりも会社設立をした方が社会的な信用は遥かに高いと言えるでしょう。特に民間金融機関からの借入をする、人を雇う、大企業と取引するといった場面では、会社の方が信頼度は高いことから有利になるはずです。その他、リース契約を結びやすいこともメリットのひとつに挙げられます。ただ、開業して間もない頃は、会社設立をした場合でも銀行からの借入などは難しいと思われます。開業当初はどうしても会社であるかどうかよりも、個人の信用と担保の有無などが銀行側の判断材料となるからです。

3、有限責任である

例えば借入をして、その返済ができなくなったとします。その場合、会社の場合は会社の出資の範囲内での責任となります。しかし、個人の場合は無限責任となり、債務の返済で個人財産まで失いかねません。しかしながら、会社の借入の場合も、社長の個人資産を担保に入れていることが多いのが実情。返済できない場合は、個人資産を失いかねません。

4、社会保険への加入が可能

個人事業主の場合、通常は健康保険や厚生年金保険には加入できません。一方、法人の場合は適用事業になれば、経営者も含めて加入することができます。その分の費用はかかりますが大きなメリットと言えるでしょう。社会保険料の場合、事業主負担は1/2となります。

最初は個人事業という判断もあり

「会社でなければ取引してもらえない」というような事業でなければ、まずは自由度が高く迅速に動ける個人事業主としてスタートする方法を選択肢の一つとして考えてもいいでしょう。事業のアイディアを即実行に移したいときにも個人事業であればすぐに対応できます。会社設立する必要があれば途中から会社の業態に移行(法人成り)することもできるので、焦って会社設立をする必要はありません。個人事業主であろうと会社であろうと事業が軌道に乗り堅実な経営ができるようになれば、社会的な信用はついてくるものです。最初から形にこだわる必要はありません。

LLCとはどのような会社制度?

会社法で、新たにLLCというものが新設されました。LLCとはLimited Liability Companyの略で、有限責任社員だけの合同会社のことです。ジョイントベンチャーなどで活用することを想定してつくられました。特徴は下記のような点です。
(1)株式会社と同じく有限責任制をとっており、出資者=社員の責任は出資額までとなっています。
(2)社員1名のみでの設立・存続が認められています。
(3)社員の入社、持分の譲渡、定款変更などは、原則として社員全員の同意が必要です。
(4)基本的に業務執行の権限は全社員が持ちます。ただし、定款の定めによっては一部社員が業務執行社員となることが可能です。
(5)株式会社と違い、利益や権限の配分は出資額に比例しません。また、取締役会、監査役などの機関の設置も義務ではありません。
(6)決算書として、貸借対照表、損益計算書、社員持分変動計算書の作成が必要です。

LLP制度はLLCと何が違う?

LLCに似た「LLP」というものも新設されました。こちらはLimited Liability Partnershipの略で、有限責任事業組合という事業体のことです。LLCとの共通点は上記で紹介した特徴の(1)と(5)です。
相違点は、LLCが会社組織のひとつであるのに対しLLPは民法組合の特例に当たるため法人格を有しないということです。つまり、LLCから株式会社への変更はできますが、LLPから株式会社への変更はできません。
もうひとつ大きな違いは、LLPは事業体に課税されないことです。出資者に直接課税される「構成員課税」が適用されます。ちなみに、LLPを規定する法律は会社法ではなく、平成17年8月1日施行された「有限責任事業組合契約に関する法律」です。



 

会社設立@名古屋 責任者

衣川匡之