会社設立をするときに覚えておきたい種類株式

1株あたりの金額と発行する株数はどう決める?

●株式発行とは?

株式会社を設立する場合の株式発行について、わかりやすく紹介したいと思います。株式会社では株式の発行をすることによって、出資を受け入れるのが基本です。

株式には金額が付けられますが、金額を決定する行為は会社設立の第一歩となります。従来は、一株の金額は5万円以上といった規制がありましたが、今の会社法ではそのような規制がなくなったため、極端に言えば1株の価格が1円でも10万円でも、何の問題もありません。

資本金の金額が7万円だとした場合、当たり前ですが1株の価格が10万円の株を発行することは、まずできません。1株当たりの価格は、最高で7万円が限度になります。1株10円の株式なら、7,000株を発行することになるわけです。そこで悩むのが「1株がいくらの株式を何株発行すれば良いのか」ということです。その点については「出資する人が何人いるか」「資本金の金額」などの事情を勘案して、決めていくのが良いと思われます。

たとえば資本金が800万円で5人が出資するとします。出資者の中で最も低い額が10万円であれば最低ラインの金額を合わせ、1株あたりの価格を10万円以下で発行する必要があります。しかし、将来的に小口で出資してくれる人を募集することを視野に入れている場合は、1株を1万円や2万円といった金額にしても良いでしょう。つまり注意点としては1株あたりの金額をあまり高い金額に設定することは避けるべきでしょう。

極端な例ですが1株あたりの金額を100万円とした場合には、100万円単位でなければ増資ができなくなります。増資を行うことによって、第三者に株を引き受けてもらう場合に、1株あたりの価格があまりにも高くなると、持ち株比率にも悪い影響を与える可能性も出てきます。そのようなことを踏まえた上で、1株あたりの価格は1万円から高くても10万円程度にとどめておくのが妥当です。

●種類株式を積極的に導入すること

「種類株式」という言葉をご存知でしょうか。株式投資に精通している人は詳しいと思いますが、興味がない人にとっては、まだまだなじみの薄い言葉です。種類株式をわかりやすく言えば、「発行することができる株式はひとつではなくいろんな種類があり、これが認められている」ということです。

このような知識を持つ人は少なく種類株式の制度は世間的にはまだあまり普及してはいないようですが、種類株式の発行については、ぜひ積極的に検討してほしいテーマのひとつです。とくに、無議決権株式と配当優先株式の性質を併せ持つ無議決権配当優先株式の発行は、とても現実的なものといえます。「会社の経営について口をはさまれたくないが、その代わりに他の株主より配当割合を優先するのでぜひ出資をしてほしい」という目的をもって発行することができます。

規模の小さい会社が第三者から出資してもらう場合に、使い勝手が良い株式なので、積極的に導入することをおすすめします。株式を自由に譲渡できなくするための株式譲渡制限株式という種類株式もあります。経営権を揺るがせないためにも検討してみるのも良いかもしれません。

この他さまざまな条項を付加した株式を発行することもできます。将来的に事業を後継者にバトンタッチする時、つまり事業承継の際に、効力が発揮される種類株式もいくつかあります。

今すぐには必要がなくても、会社を設立する際にどんな種類の株式を発行することができるのか、まずは理解を深めておくことが肝心です。会社の経営方針や将来性などを十分に見据えた上で、ぴったりと合う種類の株式を選ぶと良いでしょう。


 

会社設立@名古屋 責任者

衣川匡之