二取引基準【にとりひききじゅん】

二取引基準とは、外貨取引とその取引の代金決済取引とを別個の取引とみなして会計処理を行う基準です。
それらを連続した一つの取引とみなして会計を行う一取引基準とは異なります。
この場合、財貨の輸入時点における為替レートによる円換算額をもって取得原価を確定し、取引時の円換算額と決算時における為替レートによる円換算額との差額を為替換算損益とし、さらに債務決算時における決済金額との差額を為替決済損益として認識します。