内部利益率法【ないぶりえきりつほう】

内部利益率とは、投資によって得られるであろう将来の正味現金収入現在価値が、投資額と等しくなる割引率です。
内部利益率をr、現在の投資額をC,毎年度末の純現金収入額を、P1、P2…、Pnとすると、内部利益率法の一般式は次式のようになります。
r> iのとき、その投資案は有利、r<iのときは不利と判断されます。