内部牽制システム(ないぶけんせいしすてむ)

内部牽制は組織体の内部において、職務を分掌させ、特定の従業員が特定の取引の全局面を支配できないように計画された工夫をいいます。
現金出納帳を現金収納帳と現金支払帳に分けて記帳担当させて、現金を管理する金庫係とは別に現金出納を伴う取引の遂行を承認する管者を定めることなどをいいます。