内部監査(ないぶかんさ)

企業やその他の組織体の業務活動の公正性、有効性及び効率性を高めるために自主的に実施される2次的かつ間接的な統制活動のことを指します。
内部監査活動は、統制活動の機能状況等を監査技法を用いて評定し、必要な時に改善策を助言・勧告することです。
内部監査活動は監査と経営管理の複合した第2次的な統制活動とされ、コントロールのコントロールともいわれます。