取替法(とりかえほう)

取替法とは、企業が何らかの設備を取替えた際に支出した費用を取替費として、費用計上し旧設備の取得原価で新設備を受入れ計上にする方法をいいます。
条件としては、取替を部分的若しくは全体的に行った場合においてもその設備自体の用途・能力が維持されていくものに適用されます。