当座預金(とうざよきん)

金融機関との当座勘定契約に基づき,手形・小切手の支払いを当該金融機関に委託し,その支払資金として預け入れるものです。
したがって,当座預金は出納預金の代表的なもので,預金者の請求次第でいつでも引出し可能ですが,その際には必ず小切手の振出しが必要であり,また無利息の預金で
ある点に特徴があります。
当座預金取引の条件等については,全国銀行協会制定の「当座勘定規程ひな型」により統一されています。