当座比率(とうざひりつ)

酸性試験比率ともいい、当座資産を流動負債で除して求められ,短期支払能力の判定のための比率です。
一般に,1OO%以上が好ましいといわれ,「1:1の原則」ともいわれます。
流動比率と異なる点は,流動比率の場合には,分子を流動資産とするが,流動資産のなかでも棚卸資産やその他の資産は返済能力に問題があるから,当座比率の方がより短期支払能力の判定に有効です。