等級別総合原価計算(とうきゅうべつそうごうげんかけいさん)

等級別総合原価計算は,同一工程において同種製品を連続生産しますが,その製品を形状,大きさ,品位等によって等級に区別する場合に適用されます。
顧客ニーズの多様化に応じた製品別計算の一形態です。
各等級製品ごとに適当な等級係数が定められ,一定期間における完成品の機会原価をその等価係数に基づいて各等級製品に按分して,各等級製品の原価を算定します。