当期未処分利益(とうきみしょぶんりえき)

包括主義的損益計算書において算定された当期純利益あるいは当期純損失に,(1)前期繰越利益額および(2)使途特定の積立金のその目的に従う取崩額を加え,(3)中間配当額および(4)それに伴う利益準備金の積立額を差し引いた結果がプラスの値になった場合の金額のことをいい,このようにして算出された当期未処分利益が、翌期に開催される株主総会での利益処分の対象となります。