当期純利益(とうきじゅんりえき)

現代会計の目的のひとつはある期間における企業の経営成績ないし企業の収益力を明らかにすることにありますが,これを最終的に表すのが当期純利益であり,損益計算書において計算されます。
企業会計原則および財務諸表規則では,当期純利益は次のような過程で算定されます。
すなわち,売上高から売上原価を控除して売上総利益がまず計算され,これから販売費及び一般管理費を控除して営業利益が算定されます。
この営業利益に営業外収益および営業外費用を加算減算して経常利益が計算され,これに特別利益および特別損失を加算減算して税引前当期純利益が算定されます。
この税引前当期純利益から法入税及び住民税を控除して当期純利益が算定されます。
これらのうち,経常利益は企業の経常的な正常収益力を表すので,当期業績主義的利益ともよばれ,当期純利益は企業の正常利益と期間外の臨時利益とを包括して示すので,包括主義的利益ともよばれます。