当期業績主義損益計算書(とういぎょうせきしゅぎそんえきけいさんしょ)

当期業績主義、すなわち、期間損益計算書の結果の整理・表示に当たっては、当期の正常な収益力を表示すべきである、という考えに基づいて作成される損益計算書です。
具体的には、臨時的・偶発的な利得や、もしくは損失や、過年度損益修正項目を計算要素から除くことにより、当期の損益であり経常的・反復的な性格を有する収益・費用のみを選択して記載しようとする損益計算書で、企業会計原則に従って説明すれば「営業損益計算の区分」および「経常損益計算の区分」とを合わせた部分のみを損益計算書とするものです。
したがって、そこにおいて最終的に表示されるものは経常利益となります。
なお、当期業績主義損益計算書は、異常項目と正常項目と識別する執拗がない為、専門知識をもたない一般の利用者にも理解しやすい、という利点をもちます。