テンポラル法(てんぽらるほう)

テンポラル法は存外子会社等の外貨表示財務諸表の換算方法の一つです。
属性法ともいわれます。
テンポラル法は、原価基準や時価基準による測定を、原価や時価という属性の測定と考え、その測定属性に応じて、換算に用いる為替相場を選択適用する方法です。
テンポラル法では、外貨表示財務諸表作成時に原価基準で測定されている項目は取引時為替相場で、時価で測定されている項目は決算為替相場で換算されます。
換算で生じる為替差損益は当期に損益計算書に含められます。
その結果、換算前の外貨表示財務諸表では当期純利益が計上されたにもかかわらず、換算後の邦貨表示財務諸表では当期純損失が計上されるという、いわゆる換算のパラドックスが生じる事があります。