電子マネー(でんしまね一)

ディジタルデータ化された貨幣価値をICカードなどの媒体に記録したものをいう、ネットワーク上で貨幣価値の譲渡を直接実行する手段,オフラインでの少額決済の手段として用いられでます。
電子マネーの形態としてはモンデックスを代表とするオフラインでの流通を視野に入れたICカードタイプ,Eキャッシュに代表されるネットワーク上での流通のみを目的としたネットワーク型に大別されます。
いずれの場合も貨幣価値はディジタルデータ化されているため,ネットワークを介した遠隔地の決済の即時性が向上する等のメリットがあります。
しかしその反面、偽造や二十使用といった不正行為への厳重なセキュリティ対策が不可欠である点や貨幣発行権限に付随する問題点等、解決すべき課題も多いです。