電子商取引(でんししょうとりひき)

インターネット等のコンピュータネットワーク上で行われる商取引の総称であって,仮想店舗とよばれるインターネット上の店舗でおもに行われる取引をいいます。
その活動は,商品情報発信,受注,信用情報入手,代金回収,物流,アフターサービス,マーケティング等の商取引の一部,もしくはネントワーク上で行う範囲をいい,狭義にはこれらの活動のうち,商品情報発信から代金回収までの流れをネットワーク上で行うケースを電子商取引とよびます。