転記(てんき)

仕訳帳において仕訳され,記載されている勘定科目,金額などを元帳に写し替えることをいういます。
仕訳帳に借方記入された勘定は元帳の該当勘定の借方に,仕訳帳に貸方記入された勘定は貸方に転記されます。
特殊仕訳帳が設けられている場合,一つの同じ取引について元帳に二重に転記してしまうおそれがありますが,これを二重転記といいます。
この二重転記を避けるためにチェックマークが用いられます。