転換予約権付株式(てんかんよやくけんつきかぶしき)

平成13年の商法改正により従来の「転換株式」という用語が「転換予約権付株式」に改められたました。
株式会社が数種の株式を発行している場合,定款の定めによって生じた事由に基づき,その発行したある種類の株式を他の種類の株式に転換することを予約した株式をいいます。
転換の条件、転換によって発行すべき株武の内容および転換を請求できる期間が定款で定められています。