転換社債(てんかんしゃさい)

一定の条件で株式に転換できる権利がついた社債をいいます。
転換権は所有者がもち,それが行使されれば転換社債は消滅し,株式に置き換えられます。
業績が不安なときは社債権者のまま安全な位置にとどまり,好転時に転換権を行使し,株主となって高配当と値上が利益を期待できるという点で普通社債よりも購入者にとって魅力ある商品となっています。
同時に企業の資金調達も容易になります。
会計では,1株当たり利益の計算と転換時の会計処理が関連する問題領域となります。
転換社債は潜在的な株式ですので,貸借対照表で残高があれば,発行済株式総数が将来において増加する可能性があることを意味し,それは同時に1株当たり利益が減少することも意味します。
その影響額を知っておくことは重要です。
平成13年の商法改正により,転換社債は,新株引受権付社債とともに新株予約権付社債となりました。