転換株式(てんかんかぶしき)

ある種類の株式から他の種類の株式への転換権が株主に与えられた株式が転換株式です。
転換の条件,転換によって発行すべき株式の内容,転換を請求できる期間が定款で定められます。
たとえば,優先株の株主に普通株への転換権を与えれば,その株主は収益が少ない間は優先株株主として安定した配当を受け,収益が好転した後,普通昧に転換すれば,高配当を受けることが可能となります。
転換社債と同様に,企業の資金調達を容易にするものですが,わが国ではほとんど利用されていません。
上場企業としてば唯一,日立造船の例があります。
平成13年の商法改正により,「転換株式」という用語が「転換予約権付株式」に改められました。