デリバティブ(でりばてぃぶ)

デリバティブとは,先物取引,先渡取引,オプション取引,スワップ取引などのように,基礎となる商品の市場価値の指数等によって相対的にその価値が定められるような金融派生商品をいいます。
このようなデリバティブは、その基礎をなす本体商品に含まれる財務、リスクの移転を図り,これらの商品の契約価格がその基礎をなす金融商品の価値変動に連動しています。
これらの金融派生商品は、企画的近年に開発され、市場を形成するようになったので、株式・社債等の従来型の金融商品に対して、しばしば新金融商品とよばれるようになりました。
また、「デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、原則として、当期の損益として処理します。」