デフォルト・リスク(でふおると・りすく)

デフォルト・リスクとは,債券の発行体が財政難や業績不振に陥ることによって,債務不履行すなわち利子や元本の支払いが不可能になる危険性のことをいいます。
このような債務不履行には,完全な支払不能だけでなく,部分的な支払不能や履行の遅延も含まれます。
債券の発行体の財務状況や収益性などを検討することによってデフォルト・リスクを評価し,その結果を指標化したものが債券の格付けです。