手形の裏書譲渡(てがたのうらがきじょうと)

手形所持人が、満期日前に,商品代金の支払いや買掛金の決済手段として,所有の手形の裏面に必要事項を記入し,署名あるいは記名・押印して手形債権を第三者に譲り渡すことです。
つまり裏書譲渡は,手形所有者がする行為です。
したがって満期日の手形所持人が、手形債務者から支払いを受けることになります。