手形取引(てがたとりひき)

手形には約束手形と為替手形の2種類があります。
手形の種類に関係なく,得意先や仕入先との間の通常の取引に基づいて発生した債権債務を処理するのが商業手形です。
このような手形の債権債務の発生・消滅・変更に関する諸取引を手形取引といいます。
この取引では,手形によって売買代金は,一応,決済されますが,手形代金の支払いは延期されるのが一般的です。