手形貸付金(てがたかしつけきん)

商品売買代金の決済に利用される商業手形に対して金銭の貸借に際して借用証書の代わりに約束手形が用いられる場合が多いです。
金銭の貸付を行う場合、その回収を確実にするために約束手形を受ける事になります。
このような債権を手形貸付金といいます。
貸付先の信頼度が高ければ、その回収も銀行等を通じて行う為安全かつ確実ですが、しかしながら、これはあくまで金融上の貸借から生じたものであり、売買取引とは区別して融通手形・金融手形とよばれます。
この手形貸付金に係る取引を記録する勘定を手形貸付勘定と言います。