手形裏書義務勘定・手形裏書義務見返勘定(てがたうらがきぎむかんじょう・てがたうらがきぎむみかえりかんじょう)

手形裏書義務勘定・手形裏書義務見返勘定とは、手形の裏書き浄土に伴う偶発債務を対照勘定により処理するときの勘定です。
手形を裏書き譲渡したとき手形裏書義務見返勘定の借方と手形裏書義務勘定の貸方に記入しておき、手形が期日に無事決済されたときしび反対記入によって消去します。