データ伝送(で一たでんそう)

ある地点から別の地点へ,あるいは同一装置内のある部分から別の部分ヘデータを送ることをいいます。
データ伝送の目的は符号化されたデータを正確かつ高速に伝送することであり,伝送路における技術開発は従来のアナログ伝送路からディジタル伝送路へ,さらに光通信へとその重点を移しています。
加えて,マルチメディアデータのような大容量のデータ伝送においては,圧縮技術を含むデータの符号化技術の開発が進められています。