データ回線(で一たかいせん)

データ通信を行うためにデータ端末装置を結ぶ双方向の通信路をいいます。
データ回線の伝送媒体には電気,電波,光が使用されます。
一般に,伝送されるデータは符号化された後,信号変換器によって伝送路に適した信号に変換され、受信側の信号変換器によって元の符号に変換されるます。
データ回線は伝送方式によってアナログ回線とディジタル回線とに分類されます。
近年では衛星回線を利用したデータ通信も実用化されています。