定率法(ていりつほう)

定率法は減価償却費の計算方法のひとつです。
固走資産の帳簿価額に償却墨を乗じて減価償却費を計算します。
簿価が減価償却の計算の基礎になるので,減価償却費は年々減少します。
ゆえに逓減的減価償却法ともいいます。
経済的,技術的な陳腐化の早い固定資産に適用されます。