低価基準(ていかきじゅん)

現在の会計慣行は取得原価主義を基礎としています。
しかし,商品,原材料などの棚卸資産,一時的所有の有価証券についてば,時価が取得原価を下まわった場合,時価をとることができます。
これを低価基準といいます。
低価基準は,取得原価の場合に比べて時価との差額だけ費用が増大する効果があります。
よって,会計利益はそれだけ縮小するので,保守主義の典型とされます。
低価法、低価主義ともよばれます。