直接原価計算(ちょくせつげんかけいさん)

直接原価計算とは、製造原価を、固定費と操業度に関連して直接的に変動する変動費とに区分し、直接費に変動製造間接費を加えた原価で棚卸品を評価し、売上原価を計算し、固定費は期間原価として処理する原価計算です。
限界原価計算とか貢献差益計算,変動原価計算という名称でも知られています。
また直接原価計算は、製品原価を全部原価計算よりも狭い範囲で計算するので部分原価計算であるとも言われています。
直接的原価計算は、利益管理に役立つ原価計算システムとして、とくにアメリカで生成し、発展しました。