帳簿組織(ちょうぼそしき)

財産管理ならびに財務報告という目的を達成するために,帳簿を有機的に結合させた仕組みを帳簿組織といいます。
製本帳簿を前提とすると,帳簿は複式簿記を行ううえで必要不可欠な主要簿としての仕訳帳および総勘定元帳と,補助簿としての補助記入帳および補助元帳とに区別されます。
また,これらの帳簿は,その記入が取引の発生に応じ直接になされるのか転記によってなされるのかにより,原始簿としての仕訳帳および補助記入帳と,転記溜としての総勘定元帳および補助元帳とに区別されます。
複式簿記において,最も基本的な帳簿組織は主要簿のみを用いた単一仕訳帳・単一元帳制ですが,特定取引や特定勘定についての明細記録を必要とするときに補助導が設けられます。
さらに,複式簿記における基本的手続である仕訳と転記の合理化を図るために,仕訳帳と同一取引を記入している原始簿としての補助記入帳を仕訳帳として利用し,複数の仕訳帳を用いる特殊仕訳帳制がとられます。