帳簿(ちょうぼ)

帳簿は主要簿と補助簿から構成される,仕訳帳および総勘定元帳が主要簿といわれます。
仕訳帳は取引を発生順に記録するための帳簿であり,総勘定元帳は用いられるすべての勘定を示した帳簿で,各勘定科目ごとの増減および残高が記録されます。
補助簿は補助記入帳と補助元帳に区分されます。
補助記入帳は特定の種類の取引を発生順に記録するための帳簿で現金出納帳,仕入帳,売上帳,受取手形記入帳などがこれに含まれます。
補助元帳は特定の勘定についての明細を示すための帳簿で,商品有高帳,売掛金元帳,固定資産台帳などがこれに含まれます。