長期前払費用(ちょうきまえばらいひょう)

前払費用のうち,貸借対照表日の翌日から起算して1年を超える期間を経て費用となるものを長期前払費用といいます。
この長期前払費用は,企業会計原則および財務諸表規則も,商法施行規則も固定資産のうちの「投資その他の資産」に属します。
その場合,長期前払費用は「投資その他の資産」における「その他の資産」の代表的なものです。
長期前払費用は,支出の効果が将来に及ぶという点で繰延資産と同じ性格を有していますが,繰延資産がすでに役務の提供を受けているのに対して,長期前払費用はいまだ役務の提供を受けていないという点で,繰延資産とは異なります。