5.会社設立の費用

会社設立の費用は、自分で手続をする場合、定款認証に90,000円、登記に150,000円、その他印鑑代、証明書代、事務用品代等の雑費を含め300,000円程度は必要です。
専門家に依頼する場合は、それに加えて司法書士報酬が100,000円~200,000円かかります。

また、会社を設立するには当然に資本金とするためのお金を用意しておく必要があります。
この資本金とするお金は一度資本金にいれてしまうと減資・解散などの事由がない限り手元に戻ってくることはありませんので、慎重に検討する必要があります。
近年、会社法の改正により資本金を1円とすることができるようになりましたので、対外的に資本金を氣にする必要がない場合には資本金を1円とするのも良いでしょう。

また、設立後増資をする際には増資金額の0.7%(最低30,000)の登録免許税が必要となってきますので、そのことも頭に入れておく必要があるでしょう。
その他、以下のものに費用がかかります。

 設立する会社の印鑑作成料    1~3万円程度
 個人印鑑証明発行手数料     一通300~500円程度