54.インターネットを活用する

今や、インターネットが、マーケッティングツールとしてもっとも重要になってきています。インターネットを活用した広告の方法として、主に三つのものがあげられます。

①ホームページ

 会社でホームページを持つことが、一般的になってきています。興味を持った人が訪れてくれるので、内容を充実させる事がポイントとなります。ホームページ制作会社に依頼する場合は、制作コストにホームページ活用のノウハウが含まれているか等、サービス内容をチェックしましょう。

②ブログ

これも、一般的になってきました。ホームページと最も違う点は、ブログに載せた記事に対し、読者がコメントを付けたり、関連記事についてトラックバックすることができる事です。一方的な情報発信ではなく、また更新も簡単なので最新情報を載せることもでき、身近なコミュニケーションツールと言えます。

③メールマガジン

メールマガジンの発行はDM発送と同じ意味を持ちます。読者は、メールマガジンの発行元に自分のメールアドレスを登録することで、定期的に情報を受け取ることができます。会社にとっては低コストで潜在的な顧客に情報発信できるというメリットがあります。