76.在庫管理を生かす

在庫がなければ販売はできません。

常に適正な在庫を保ち、ロスをなくすように工夫をします。
まずは、在庫管理の基本をおさえることが重要です。

① 取扱っていない商品でも、お客様からの問い合わせがあった場合は、細かく聞き取りをして試しに仕入れてみましょう。

② 納品後、次の納品までに商品がどのくらい売れているか統計を取り、適正在庫数を把握するように努めます。

③ 常に在庫を切らさない様に工夫をします。もしもの時は、メーカーからの直送ルートを確保したり、近隣の同業者と提携をしておくのもひとつの手です。

④ 時代背景や流行をチェックし、売れ筋商品を見極めます。ただし、流行ばかり気にするのは、あまり効率的ではありません。

⑤ 発注頻度などから、売れているかどうか見極める基準値を定め、基準を満たしていない商品は、在庫処分をします。

⑥ ヒット商品でもいつまでも売れ続ける訳ではありません。その商品から撤退する時期の見極めも非常に大切になってきます。

⑦ 在庫処分は、販売に前向きに活かすように工夫します。たとえば、「来客プレゼント」としてお客様に配ったり、バーゲンセールで格安で販売したりします。いずれにしても、お客様が喜ぶ方法を考え、次につなげることが大切です。