68.年末調整をする

年末調整とは

所得税は、原則的には自分で計算して納付をする申告納税制度になっています。
しかし、会社から給料をもらっている人は、会社が給料から所得税を源泉徴収(天引き)して税務署に納付します。
1年間の税金の計算も、会社が年末に精算をしてくれます。
これを年末調整と呼んでいます。
そのため、会社に勤めている人は、原則として自分で所得税の計算をする必要はありません。
会社を設立したときは、社長も自分の会社から給料をもらうので、自分の会社が源泉徴収・年末調整をやってくれることになります。
事務担当者や顧問税理士に源泉徴収の事務を任せない場合には、社長がその計算をしなくてはなりません。

会社員が副業した場合

会社員が、副業で会社を設立した場合、通常は勤務先に「給与所得者の扶養控除申告書」を提出していますので、勤務先の給料に関しては「甲欄」で計算をしてもらい、年末調整をしてもらいます。
自分の会社からもらう給料については、「乙欄」という高い料率の源泉徴収額が適用されることになり、それを税務署に納付することになります。
こちらには、「給与所得者の扶養控除申告書」も提出できないので、年末調整もされません。
自分の会社からの給料が年間20万円以下ならば確定申告しなくても良いのですが、基本的には、両方の会社の給料を合算して確定申告をすることになります。