31.登記申請は2週間以内

会社の登記では、設立登記以外でも決められた登記期間があります。

会社の登記は、原則として登記をしなければならない期間(登記期間)が定められています。
発起設立による設立の場合、設立時における取締役の出資金の払込みや、設立手続きの調査の完了日、もしくは、発起人が定めた日から2週間が登記期間となります
仮に登記が遅れると過料が発生する可能性がありますので注意が必要です。
ま過料とは、行政法規上の義務違反に対する罰則のことです。(犯罪の処罰は罰金となります。)
過料は、後日、代表取締役宛に通知されます。
また、過料は会社で支払いをしたとしても会社の経費とすることができませんのでご注意ください。

法務局の営業取扱日は、祝日及び年末年始の休日を除く月曜日から金曜日です。窓口の営業時間は午前8時30分から午後5時15分までとなっておりますのでご注意ください。
不足資料等がある場合も考えられますので、余裕をもって申請することをお勧めします。