27.会社を登記する

登記とは、重要な事項を登録して、取引の安全と円滑化を図るために広く一般に公開する制度の事です。

株式会社などの商業登記、医療法人などの法人登記、土地建物の不動産登記などがあります。
登記は、法律に定められた方法によって行います。
基本的には登記を扱う登記所は、各地の法務局となります。
会社の登記を商業登記と言います。
会社の登記においては、代表者が会社を代表して登記の申請を行います。
登記事項には「会社の商号」「本店」「取締役」「支店」といった内容が含まれます。

登記所は、本店の所在地を管轄する法務局になります。

管轄を間違えると申請が却下されてしまうので注意が必要です。
法務局のホームページ等で必ず確認してください。
法務局の登記申請窓口に申請書および添付書類一式を提出して申請します。

登記が完了する事によって初めて、会社が正式に成立した事になります。

登記申請日が会社設立日となるので、希望の日を選んで登記申請をしましょう。
ただし、祝日・土曜日・日曜日は受け付けてもらえないので、注意してください。