20.定款の作り方

定款の認証を受ける際、修正方法を知っておけば、あわてません。

変更・削除は=で消します。
修正事項を、定款の該当頁の下部に記載し、発起人全員が押印します。

定款の綴り方には、二つの方法があります。

① ホッチキス留め:定款の枚数が少ない場合
左端2か所をホッチキスで留めます。
各頁(すべての頁)の継ぎ目に押印します。
これを契印といいます。
印鑑は、発起人個人の実印です。

② 袋とじ:定款の枚数が多い場合
左端の2か所をホッチキスで留めます。
(ページの差し替えができないように)「とじ目」の部分に袋状の用紙を使用します。
折り込んだ方を表紙側に貼り、裏表紙も貼り付け、境目に押印します。
印鑑は発起人個人の実印です。

会社設立@名古屋では、手続きをご依頼いただきましたら標準的な雛型をもとに定款を作成させていただきます。必要事項は事前にお聞きいたしますので、定款作成にあたりどうすればよいと迷われることも、わずらわしいお手間をかけることはございません。